フラワー ママの話

ふとん探しの旅 1

😄 30
坐骨神経痛に苦しむ家族のために、布団探しの旅に出た。

今回、本気で探して見てわかったことは、日本の寝具メーカーはベットを売りたいんだということ。

畳やフローリングに敷布団というのは、本流ではない。
じぶん敷ふとん じぶんまくら というシリーズをとりあつかっているお店に行ってみた。
そこで、じぶん敷ふとんというものがあった。

そこでは、立ち姿を正面、右側面、背面の3方向から撮影して、筋肉のストレス具合、骨の歪み、などを正確に分析してくれた。

あっという間に、自分の体型が分析されるのは圧巻だった。

平均65点のところ、家族は68点でまあまあだった。

そこで弾き出された数値をもとに、寝具を調整するというのがじぶん敷ふとんとじぶんまくらだ。

ボディーラインをデータ化することで、身体の出っ張りや腰のくびれにかかる負担を和らげる理想的な敷ふとんをお作りします、

ということで調整していただいたお布団に寝てみた。
そして、寝ながら微調整を加えていった。

マットは高反発なんだけれど、
一番ハードだというマットでもあたりは柔らかで、とてもいい寝心地だった。

なんと、最大3125通りにもカスタマイズできるという。

品質的にはすぐに買って帰ってもいいくらい。
だが、即決するには至らなかった。
なぜなら
シングルサイズで165000円 ちょっと考えたい。 コメント *アプリ会員の方のみコメントできます。


戻る Groupystaで見る

Groupystaで
新しい
コミュニティ体験