フラワー ママの話

韓国行きの荷物

😄 22
見栄えと軽量化を兼ね備えたプチプチでの梱包がダメとなり、自宅に持ち帰った荷物を再梱包することになった。

ピッタリサイズの段ボールなどあるはずもなく、大きい段ボールを切って再形成することになる。

とりあえず、スーパーに寄ったら、びっくりするくらい理想的なサイズの段ボールが入り口付近のたこ焼き屋さんの前にあった。その時はプラパックやお箸などがまだ入っていたけれど、買い物を終えて帰るときに、ちょうどお兄さんが空になった段ボールを持って帰るところだった。いやー、絶妙すぎるタイミング。
声をかけ、すんなりいただいた。
一つの荷物は、この段ボールのおかげでなんとか全長196センチに収まった。

もう一つの方は、長めの4つの段ボールを組み合わせて梱包してみたが、どうしても2mを越してしまう。何度かやり直しているうちに段ボールがボロボロになってしまったので、以前ホームセンターで購入した大きい段ボールを崩して使うことにした。
サイズに余裕があればなんて事のない作業なのだが、極限まで最小化しなくてはならない。
段ボールの重なり部分も極力なくなるようにしたけれど、それでも5センチオーバーしてしまう。微調整を繰り返すもののどうしても2mを越してしまう。

もう無理かな・・・とおもったけれど、ふと中身は布団なのだからどれだけ潰しても問題ないことに気づいた。
それで、箱の角を潰して丸め込み、テープでぐるぐるにした。


郵便局員さんは、努力の成果を大層誉めてくださり、お詫びと御褒美なのか、キッチンペーパーをくださった。

荷物は、無事に空港貨物検査を通り、韓国に到着したと連絡が入った。何時間もかけた作業が報われてよかった。
コメント *アプリ会員の方のみコメントできます。


戻る Groupystaで見る

Groupystaで
新しい
コミュニティ体験