あいされTaiwan 台湾のグルメ、観光、文化などなど 台湾の魅力をシェアしていくマグネット また、現地と日本の違いもシェア!

早くこども産みなよ!が当たり前の世界線

😄 34
限界 台湾ではこんにちは!の代わりに
ご飯食べた?と聞くのが挨拶。食べたか食べてないかに興味はなくて、ただこんにちは!の代わりに言っているだけだ。
それと同じように、子どものいない夫婦を見ると
早く子供産みなよ!と言う。
1人子供を連れている夫婦を見ると
早く2人目産みなよ!最低でも2人いないと1人ぼっちはかわいそうだよ!と言う。
別に何も考えず、ただそこに夫婦がいるから言ってくる。

日本人の私にとってはその質問がいちいち不快なんだけど、ここ2ヶ月でほぼ毎日言われ続けて限界がきた。
パーソナルスペース その質問がめちゃくちゃ嫌なわけではない。私はただ中国語のレベルが子供を育てるのに十分じゃないのと、まだ24歳なので、焦らず先に中国語を習得したいっていうだけだ。
嫌なのは、そのパーソナルなデリケートな部分に大声で何も気にせず入ってくるこの文化。
限界。
台湾では親友の嫁は親友。
親戚の嫁は親友。
従業員の嫁も親友。
結婚した時点で結婚相手の周りのあったこともない人たちと親友になる。

だから私の実の母でも聞いてこないようなことも聞いてくるし、こどもはまだうまないの?頑張らないと!この食べ物がいいよ!とか、心のパーソナルスペースをかき回してくる。
最悪だ…。
夫にこれが辛いと言うこともあるけど相手は台湾人だし、台湾人のまえで台湾の文化をあまり悪く言えない。
それに夫にとっては当たり前のことなので、私が何を嫌がってるのかもよくわからない。
げんなり。
コメント *アプリ会員の方のみコメントできます。


戻る Groupystaで見る

Groupystaで
新しい
コミュニティ体験